葉酸サプリナビ

妊活が実った後の母子の状態は?妊娠六ヶ月の母体や赤ちゃんの様子を知ろう

妊娠六ヶ月の頃は、妊娠中期にあたる時期です。この時期になるとマイナートラブルが起きたり、お腹が大きくなり始めたりと、ママの身体にも大きな変化が見られます。妊娠六ヶ月の母子の状態を知っておき、少しずつ出産準備を始めていきましょう。この記事では、六ヶ月の時点での過ごし方や、お腹の赤ちゃんの状態などについて詳しく解説していきます。

妊娠六ヶ月の頃の赤ちゃんやママの状態とは


妊娠六ヶ月は妊娠20~23週目のことをいい、「妊娠中期」と呼ばれる時期にあたります。妊娠六ヶ月になると流産のリスクも減ることから、穏やかな気持ちで過ごせているママも多いでしょう。加えて、この時期は安定期にあたるため、つわりのつらい症状も落ち着いてくるママも多く見られます。ここでは、妊娠六ヶ月の頃の母体、および赤ちゃんの状態について解説していきます。

1.赤ちゃんの状態

妊娠中の安定期の妊婦と赤ちゃんの特徴のイメージ画像
妊娠六ヶ月になると、赤ちゃんの身体の均整がとれてきます。特に、頭と胴体のバランスについては、新生児とほぼ同じといわれています。また、まつげやまゆげが生え、まぶたの上下が離れるなどの成長も見られることから、新生児に姿がどんどん近づいて、顔立ちができあがってくるのもこの時期です。加えて、六ヶ月赤ちゃんは、神経もできあがってきます。聴力が発達してくる時期でもあるため、赤ちゃんへの声かけなどを始めると良いでしょう。ママの声やお腹の外の大きな音は赤ちゃんにも届いているため、積極的に話しかけてあげることがポイントです。

さらに、赤ちゃんも妊娠六ヶ月になると、羊水のなかで大きく動き回るようになります。妊娠20週以降になると、羊水の量が急激に増加していきます。妊娠六ヶ月では羊水は350mlほどですが、妊娠8~9ヶ月になると羊水の量は700~800mlまでに増えることから、ママのお腹も大きくなっていくのです。また、「胎脂」と呼ばれる膜に赤ちゃんの全身が覆われるのもこの時期です。胎脂が身体を覆うことによって、温度変化や羊水の刺激から赤ちゃんを守ってくれます。

2.ママの状態

妊娠六ヶ月になると、ママの体調は比較的安定しているため、活動しやすいと感じる人も多く見られます。加えて、この時期には胎動をはっきりと感じ始めることから、赤ちゃんの存在をより感じやすくなるでしょう。また、妊娠六ヶ月になるとママの体重も増え始め、お腹が大きくなってきます。

そのため、お腹がせり出してくることによって、腰痛や背中の痛みなどの症状も出やすくなります。加えて、便秘や足のむくみなどのマイナートラブルに悩まされる人が出てくるのもこの時期です。マイナートラブルについて把握しておき、つらいようなら我慢せずに医師に相談しましょう。

妊娠六ヶ月で性別はわかる?この時期の赤ちゃんに関するQ&A


妊娠六ヶ月になると、赤ちゃんにもさまざまな変化が見られます。たとえば、赤ちゃんの性別がわかるようになるのもこの時期です。また、子宮内に隙間があることから、逆子になりやすい時期ともいわれています。妊娠六ヶ月の赤ちゃんに関することをしっかり把握しておき、マタニティライフを楽しみましょう。

ここでは、妊娠六ヶ月の赤ちゃんに関する知識をQ&A方式で紹介していきます。

1.赤ちゃんの大きさはどれくらい?

妊娠六ヶ月の赤ちゃんは、20週で約210~416g、23週で約387~755gが大きさの目安です。赤ちゃんの体重に関しては、この4週間で倍近くに増えます。ほかにも、赤ちゃんの大きさを表すFLなどの数値も順調に増えていくのが、妊娠六ヶ月の頃の特徴です。FLとは大腿骨長のことです。太ももの骨は人間のからだのなかで最も大きな骨であり、胎児が発育するうえでのパラメーターとして利用されています。赤ちゃんの大腿骨長は20週で約24.8~35.9mm、23週で約32.1~43.6mmへと成長していきます。

2.タイミングがよければ赤ちゃんの性別がわかる可能性も

妊娠六ヶ月になると、赤ちゃんの性別がわかる可能性があります。生殖器が発達し、外性器の形がはっきりとしてくることから、超音波検査で性別がわかる場合も増えてくるのです。ただし、超音波検査は赤ちゃんの発育状態や用水の多寡などを見ることを主な目的としています。そのため、診療時間内で赤ちゃんの性別まで確認できない場合もあり、また性別を見間違うケースもあることなどをしっかりと理解しておきましょう。

3.心配!逆子でも大丈夫?

赤ちゃんが逆子であることがわかると、それだけで不安な気持ちになってしまうママはたくさんいるでしょう。しかし、この時期は赤ちゃんが逆子であっても、特に心配する必要はありません。妊娠六ヶ月の頃の赤ちゃんは、羊水のなかでくるくると回転しています。たとえ、この時期に逆子になっていたとしても、自然に元の状態に戻るケースがほとんどです。なお、逆子かどうかは胎動の位置でわかることが多いといわれています。

必見!妊娠六ヶ月の時点でやっておきたいこと

体調が比較的安定してくる妊娠六ヶ月の頃には、まだそこまでお腹も大きくなっていません。そのため、妊娠初期の頃よりも動きやすくなったと感じるママもたくさん見られます。妊娠六ヶ月の時点で出産に備えた準備などをいろいろと始めておくと、妊娠後期のお腹が大きくなったときに焦る心配もありません。妊娠六ヶ月のうちに、無理のない範囲でできるところから準備に取りかかっていきましょう。

1.気をつけよう!体重のコントロール

妊娠六ヶ月は体重が増えやすい時期です。そのため、ママは体重が増えすぎないようにコントロールすることが欠かせません。体重が増えすぎてしまうと、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病などの病気のリスクが高まります。ママの体重の増加によって、赤ちゃんに悪影響を及ぼす恐れさえ出てくるのです。母体と赤ちゃんの健康を守るためにも、日頃から食事管理や適度な運動を心がけることで体重をコントロールしていきましょう。

2.里帰り出産をするなら準備を始めよう

里帰り出産をする場合は、その準備も始めておかなければなりません。里帰り出産をするママは、妊娠六ヶ月のこの時期に病院の予約を入れておくと良いでしょう。病院によって異なりますが、里帰り出産の予約時には一度健診が必要になるケースも多く見られます。

そのため、そのときの準備もあわせてしておくことが大切です。さらに、里帰り出産の場合は、妊娠30~34週までには健診先を里帰り先の病院に移すことになるため、里帰りをするタイミングもしっかりとスケジュール調整しておきましょう。ただし、里帰り先が遠方の場合は、体調が安定しているときに里帰りできるように計画を立てることが求められます。

3.赤ちゃんを迎えるための用意をしよう

妊娠後期でお腹が大きくなる前に、ベビー用品の用意などを済ませておきましょう。赤ちゃんを迎えるためには、さまざまなものを準備しておく必要があります。たとえば、ベビーベッドやおむつ、ベビーカーなどのベビー用品の準備は欠かせません。加えて、家や車のなかでの赤ちゃんの安全対策もしておくと良いでしょう。ベビーフェンスやチャイルドシートの準備なども忘れずにして、出産に備えることがポイントです。

4.乳頭のケアを始めよう

健康上に特に問題がなければ、乳頭のケアを始めていきましょう。マッサージをして乳頭を柔らかくすることによって、乳頭の伸びが良くなります。すると、赤ちゃんが飲みやすい乳首を作ることができ、おっぱいが上手く吸えるようになるのです。

また、出産後に授乳を続けていると乳頭亀裂や血豆などのトラブルを起こしてしまうケースも珍しくありません。産後の乳頭の裂傷を予防するという意味においても、妊娠中から適切なやり方で乳頭のケアを行うことは欠かせません。間違ったケアを行わないようにするためにも、乳頭のマッサージをするときには母体の状態などを医師に相談し、正しいやり方を教わったうえで始めるようにしましょう。

5.出産に備えて!母親学級への参加も

ママの体調が安定してくる頃にやっておきたいことのひとつとして、母親学級への参加が挙げられます。母親学級では、医師や助産師、栄養士から妊娠生活に関する具体的な指導が受けられます。気になることがあれば、母親学級で相談してみても良いでしょう。ほかにも、妊婦同士で情報交換もできるという点も、母親学級に参加することの魅力です。

妊娠中は、多くのママがさまざまな不安を抱えています。妊婦同士で話をすることで不安な気持ちを軽減することができたり、ストレス解消につながったりする可能性もあります。母親学級は通院している病院や産院、保健センターなどで開催されているため、ぜひ参加してみましょう。

有効な対策はある?妊娠六ヶ月のプレママにありがちなマイナートラブルとは

有効な対策はある?妊娠六ヶ月のプレママにありがちなマイナートラブルとはイメージ画像

一般的に、妊娠六ヶ月の頃にはつらかったつわりの症状が落ち着き、体調が安定してきます。一方で、人によってはいくつかのマイナートラブルが起きる時期でもあります。妊娠六ヶ月にはむくみや便秘などのマイナートラブルに悩むママも少なくありません。妊娠六ヶ月の頃に見られるマイナートラブルの具体的な症状を押さえておき、症状ごとの対策についても知っておきましょう。

1.むくみになりやすいママは塩分の過剰摂取に気をつけて

妊娠中、ひどいむくみに悩む人は多く見られます。特に、妊娠中は足のむくみを感じやすくなるのです。妊娠六ヶ月の頃にむくみの症状が出やすいことにはいくつかの理由が挙げられます。妊娠六ヶ月になるとお腹が大きくなるため、下半身の血管を圧迫してしまいます。すると、血液の循環が悪くなり、下半身のむくみを引き起こしてしまうのです。

ほかには、カリウム不足などでもむくみの症状は出やすいといわれています。カリウムは体内の余分な塩分を尿として排出してくれるため、妊娠中もカリウムが含まれた食品を摂取することがポイントです。たとえば、キウイフルーツやバナナ、さつまいもなどはカリウムを多く含んでいるため、普段の食事にも取り入れてみましょう。

むくみの症状を防ぐためには、「塩分を控える」「長時間同じ姿勢を避ける」などの対策を講じることが欠かせません。塩分を過剰に摂取すると、むくみだけでなく、高血圧を招く一因となることから、妊娠中は特に塩分の摂りすぎは要注意です。また、血のめぐりを良くするためにも、デスクワークや立ち仕事をしている人は長時間に渡って同じ姿勢をとり続けることのないように気をつけましょう。

2.便秘を防ぎたいなら!水分と食物繊維をしっかり摂ろう

今まで便秘の症状はなくても、妊娠中期の頃になると突然便秘の症状が出るケースがしばしばあります。妊娠中の便秘に関しては、ホルモンバランスの変化や水分不足などが原因となって起こります。つらい便秘の症状を防ぐためには、水分と食物繊維の摂取を心がけることが欠かせません。万が一便秘になってつらいと感じた場合には、健診時などに医師に相談するようにしましょう。

3.妊娠線のケアも忘れずに

妊娠六ヶ月の頃になると、急激にお腹が大きくなってきます。すると、皮膚の伸びが追いつかなくなってしまい、肉割れができるケースがあります。この肉割れは「妊娠線」と呼ばれるものです。妊娠線は皮膚が柔軟で潤っている場合にはできにくいといわれています。そのため、妊娠線を防ぎたいなら、保湿オイルやクリームなどを使って丁寧に保湿ケアを行って、肌に潤いを与えるようにすると良いでしょう。

4.肌トラブルを防ぐために必要なこと

妊娠中はホルモンバランス変化により、さまざまな肌トラブルに悩まされる人も少なくありません。妊娠中に多く見られる肌トラブルとしては、皮膚のかゆみや黒ずみなどが挙げられます。また、ホルモンの影響によって、乳首などの部位が黒ずむケースもあります。妊娠中の肌トラブルを防ぐためには、「肌に優しい日焼け止めを塗って紫外線を防ぐ」や「刺激の強い化粧品を避ける」などの対策を講じることが欠かせません。妊娠中は特にシミ・そばかすができやすく、またちょっとした刺激を与えただけでも肌がかゆくなってしまう恐れがあります。肌トラブルの原因になるものは事前に避けるよう、普段から気をつけましょう。

5.吐き気を軽減したいなら!胃にやさしい食事を

妊娠中期になると、大きくなったお腹に胃が圧迫されるなどの事情から、人によっては吐き気や胃のむかつきを感じることがあります。吐き気を感じたときは、胃に大きな負担をかけないように消化の良いものを食べるなどの対策を行ってみましょう。特に、油物や甘いものを避けて、胃にやさしい食事を心がけると吐き気が軽減する可能性があります。

6.腰痛を防ぐためにはストレッチも

妊娠中期では、腰痛に悩む人も増えてきます。妊娠六ヶ月の頃になると急にお腹が大きくなる人も多く、お腹を支えるために体が反った状態になります。そのため、腰痛が出やすくなってしまうのです。腰痛を防ぐためには、「骨盤ベルトでお腹を支える」「ストレッチを行う」などの対策は、比較的簡単に実践できるものです。通っている産院・病院に相談をして、取り組みやすいものから始めてみると良いでしょう。

知っておこう!妊娠六ヶ月時点での妊婦検診について

知っておこう!妊娠六ヶ月時点での妊婦検診
妊娠中期にあたる妊娠六ヶ月の頃にも、妊婦健診は欠かせません。妊娠中期(16~23週)は基本項目とされている問診や体重計計測、尿検査などのほかに、1回は超音波検査を受けることを厚生労働省側が推奨しています。さらに、妊娠24〜35週の間には、血液検査と超音波検査を受けるように、厚生労働省は勧めています。この時期に血液検査を行って血糖値を調べると、妊娠糖尿病の発見や予防に役立てることができるのです。血液検査や超音波検査のスケジュールは病院によって異なるため、気になる場合は事前に相談して、検査内容などもあわせて確認しておきましょう。

妊娠六ヶ月のママが気をつけたい症状や病気とは

こめかみに指をあて頭痛を和らげようとする妊婦
妊娠六ヶ月のママが特に気をつけたい症状や病気には、いくつかの種類があります。気をつけたい症状・病気について知っておくと、もしものときに役立てることが可能です。また、症状などがつらいときには我慢せずに、医師に相談することも大切です。妊娠中の症状や病気には深刻な原因が隠れているケースもあるため、知識として押さえておくようにしましょう。

1.腹痛の状態によってはすぐに受診を

妊娠中には、お腹の痛みを感じることがあります。妊娠中は「子宮が大きくなる」「便秘がちになる」などの理由から、腹痛を起こすケースがしばしば見られます。たとえば、「下腹部が引っ張られているような感じがする」などの腹痛の場合は、子宮がだんだん大きくなり、周囲を圧迫していることから生じる痛みで、正常な妊娠経過によって起こっているものといえるでしょう。このような痛みの場合には、それほど心配はいりません。しかし、妊娠中期に感じる痛みのなかには、切迫流産や常位胎盤早期剥離といった深刻な原因が隠れている可能性もあるのです。そのため、下腹部の激痛や出血を伴う場合には、すぐに受診をする必要があります。

2.お腹のハリを感じたときは安静に過ごそう

子宮が大きくなるときには、お腹のハリを感じることがあります。お腹のハリを感じた場合は横になるなどして安静にして、少し様子を見ましょう。もし、外出先などでお腹の張りを感じたときは、椅子に腰かけるなどしてゆったりと座っているだけでも構いません。しばらく様子を見てお腹のハリがおさまり、落ち着いてきたようならあまり心配はありません。ただし、少し休んでも良くならない場合には、切迫流産、早産の恐れもあるため病院を受診しましょう。

3.気をつけたい!妊娠糖尿病

妊娠中に糖代謝異常を起こすと、妊娠糖尿病になることがあります。また、妊娠糖尿病とは、妊娠中に初めて発見された糖代謝異常のことを指しているため、妊娠前に糖尿病と診断されている場合はこれに含みません。加えて、妊娠糖尿病に関しては肥満の人や家族に糖尿病の人がいる人などは、発症のリスクが高いといわれています。妊娠中にママの血糖が上がってしまうと、胎盤を通じてお腹の赤ちゃんの血糖値も上がってしまい、先天奇形や巨大児などの影響が出てしまう恐れがあります。

妊娠中の定期健診で血糖に異常が見つかった場合には、食事管理や運動、インシュリン注射などの対策を講じることになるため、日頃から規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

4.妊娠高血圧症候群についても知っておこう

妊娠高血圧症候群とは、妊娠中・産後に高血圧、もしくは高血圧・たんぱく尿の症状が見られる病気のことをいいます。妊娠高血圧症候群については、以前は「妊娠中毒症」と呼ばれていました。妊娠高血圧症候群になると、常位胎盤早期剥離など深刻な合併症につながる恐れもあります。また、確実な予防法はないといわれていますが、15歳以下・35歳以上の妊婦、初めて妊娠する人、肥満の人などでは発症率が上がる傾向です。妊娠高血圧症候群による母体や胎児へのリスクを避けるためにも、早期発見、予防を行うことが大切といえます。妊娠高血圧症候群になった場合の治療は、食事療法が中心です。重症の場合は入院となり、赤ちゃんの状態も見ながら分娩のタイミングをはかっていきます。

母子の健康を守る!妊娠六ヶ月時点での過ごし方

母子の健康を守る!妊娠六ヶ月時点での過ごし方のイメージ
妊娠生活を送るうえで、普段の過ごし方に配慮することは欠かせません。特に、妊娠六ヶ月になると、体調が安定してくる頃から暴飲暴食してしまい、体重のコントロールが難しくなるケースもしばしば見られます。切迫流産・早産などのリスクを減らして、母体と赤ちゃんの健康を守るためにも、妊娠六ヶ月の時点で心がけておきたい事柄を順番に紹介していきます。

1.バランスの良い食生活を送ろう

妊娠中にバランスの良い食生活を送ることは、とても重要です。バランスがとれた食生活は、体重管理のためにも欠かせません。また、毎日の食事から必要な栄養補給を行うことも大切です。妊娠中には葉酸やタンパク質、カルシウムなどの栄養を積極的に摂取して、規則正しくバランスの良い食生活を送ることができるよう心がけましょう。さらに、妊娠中の食生活では、高カロリー・高タンパク・減塩を心がけることがポイントです。また、食中毒のリスクも考慮して、生卵や刺身などの生物は避けましょう。

2.無理をしないことも大切

妊娠中は体調を第一に考えて、無理をしないような過ごし方を続けることも大切です。妊娠六ヶ月はつわりもおさまり、妊娠初期の頃と比べると「少し楽になった」と感じる人もたくさんいます。ただ、妊娠六ヶ月は安定期に入っているものの、いつ体調不良を感じてもおかしくない時期ということに変わりはありません。そのため、仕事を続けている人などは、無理をしすぎないように気をつける必要があります。

たとえば、電車通勤をしている人は遠慮せずに座らせてもらったり、こまめに休憩をとったりすることなどが欠かせません。また、たとえ仕事中であっても体調が思わしくないときは、休憩時間を延ばしてもらったり、早く帰らせてもらったりするなど、絶対に無理はしないように気をつけるようにしましょう。

3.お腹を冷やさないための工夫をしよう

妊娠中のママのなかには、体の冷えを気にしている人も多いでしょう。特に、妊娠中はお腹が大きくなることによって血行不良が起こったり、ホルモンバランスや自律神経が乱れたりすることなどによって冷えを招いている可能性があります。そのため、妊娠中には特に、お腹を冷やさないような対処法を講じることが欠かせません。たとえば、締めつけない衣服を身につけていると、血流が良くなるケースもあります。体を締めつけるような靴下や下着を着ている場合には、一度見直してみると良いでしょう。

ほかには、夏場の冷房に注意することも重要です。冷房がききすぎた部屋にいると、体の熱が奪われてしまいます。夏場でも腹巻などをして、お腹を冷やさないように気をつけましょう。妊婦の冷えは、お腹のハリやむくみなどの体調不良につながる恐れがあるため、まずは簡単に取り組める冷え対策から始めてみましょう。

4.適度な運動にはメリットも

適度な運動を続けることは、妊娠中のママの体や精神に良い影響をもたらすといわれています。また、妊娠中の運動は体重のコントロールにも役立ちます。体重のコントロールが上手くできれば、むくみや便秘のようなマイナートラブルの緩和につながるなど、メリットが多い点も特徴です。ただし、妊娠中に運動をする場合は、体調に十分に気をつけながら取り組むことが欠かせません。

加えて、激しい運動は流産を招く危険性があることから、妊娠中は控えることがポイントです。妊娠中に運動するなら、ウォーキングやマタニティヨガなど、ゆるめの運動に無理のない範囲でチャレンジしてみましょう。安定期の場合でも、妊娠高血圧症候群や切迫流産・早産などの異常があるときは、医師に相談のうえ運動を行うことが大切です。

妊娠六ヶ月を健やかに過ごすために大切なこととは

妊娠六ヶ月の頃は少しずつ体調が落ち着いてくる時期です。ただ、安定期といえども、体調に気をつけながら行動することが欠かせません。たとえば、運動や体重管理などは、妊娠中のマイナートラブルを防ぐために役立ちますが、適切な方法で行うことが重要です。また、つわりが落ち着き少し楽になると、ついつい無理をしがちです。特に、お腹のハリを感じる場合などは、無理をしないようにこまめに休憩を取ることが求められます。妊娠六ヶ月のときには、母子の体の変化などを十分考慮しながら、無理のない範囲内で出産に向けての準備を進めていき、充実したマタニティライフを過ごしましょう。

TOP