葉酸サプリナビ

妊娠中のストレス放置は危険!母体や赤ちゃんを守るための解消法

「なんだかイライラしてしまう…。」
「つわりや体調不良が重なって、不安な毎日…。」

妊娠中は体の変化や不調、今後の不安などによってストレスを抱えやすいときです。イライラを感じてしまうことも増える時期ですが、放置しておくと、実は母体にも胎児にも大きな悪影響があるのです。

今回は、妊娠中のストレスの原因や影響、対処法、仕事をしているプレママが気を付けるポイント等についてお話しします。

妊娠中のストレスの原因

妊娠中にストレスがないママはいないはずです。それくらいに妊娠中はストレスを発生してためてしまうものなのです。

例えば、妊娠中は次のような原因でストレスを抱える妊婦さんが多いです。

ホルモンの変化

妊婦さんは、妊娠初期から女性ホルモンのバランスが崩れるとともに、精神のバランスも悪くなり、気分の上がり下がりが激しくなります。

女性ホルモンのコントロール場所と自律神経のコントロール場所は脳の視床下部に存在し、近い場所にあります。

そのため、女性ホルモンのバランスが乱れると自律神経のバランスも悪くなりイライラしやすくなり、それがストレスになります。

体型の崩れ

出産に近づくほど、体重が増加してお腹も出てくるので体型が崩れたように思えるため、それがストレスとなります。

もちろん、お腹の赤ちゃんが成長している証拠なので嬉しいことですが、妊婦さんは女性として気分が滅入るのでストレスになることもあります。

体調の変化

妊娠すると、つわりや腰痛、腹痛、便秘、抜け毛や肌荒れ、乳輪の黒ずみなど、あらゆる体調の変化が起こります。

そんな変化に戸惑ったり、痛みがある場合は我慢や対策をしなければいけないので、ストレスが発生しやすくなります。

今後の不安

女性ホルモンの乱れにより気分が不安定になると、出産や育児への不安が募り、それがストレスにつながります。

パートナーへの不満

妊娠をすると、パートナーの体には直接の変化がないため、実際に赤ちゃんが生まれるまでパパとしての自覚がママよりはまだありません。

そのため、いつもと同じように行動しているパートナーに不満が募り、ストレスになることが多いです。それが夫婦喧嘩に発展すると、さらにママの中でストレスになります。

妊娠中のストレスは母体や赤ちゃんにどう影響する?

お母さんのストレスが蓄積されると、母体だけではなく赤ちゃんにも影響します。主に、次のような悪影響が及ぼされます。

妊娠中のストレスが母体に与える影響

妊娠中のストレスが蓄積されると、もちろん母体にも悪影響を及ぼします。ストレスでさらにホルモンバランスが乱れるため、不調が起こってしまうのです。

主に

  • 早産
  • 流産

のような症状が出ます。それは、ストレスによって自律神経の交感神経ばかりが優位になり血流が悪くなるからです。

自律神経には、交感神経と副交感神経の2つのモードがあります。交感神経は緊張や活動的なときに働く神経、副交感神経はリラックスしているときに働く神経です。

ストレスで交感神経ばかりが働くと、血管が収縮してめぐりが悪くなります。そのため、血液を通じて胎児に十分な栄養を届けるのが難しくなり、早産や流産のリスクが高まるのです。

妊娠中のストレスが胎児に与える影響

ストレスによってお母さんの体にコンチゾールというホルモンが発生すると、生まれてくる子どもが喘息やアトピーになるリスクが高まります。

コンチゾールはアレルギーの原因となるホルモンで、母体に発生すると赤ちゃんにも伝わり、出産後にアトピーや喘息などのアレルギーになってしまうのです。

妊娠中でもできるストレス解消法

プレママでストレスがない人はいないでしょう。だからといって、先輩ママを見ているとわかりますが、すべてのプレママがストレスで不調を起こすわけではありません。

つまり、うまく気分転換などでストレス解消すれば、母体も赤ちゃんも健やかに保てるのです。ここで、妊娠中でもできるストレス解消法をご紹介します。

ウォーキング

ジョギングなどの激しい運動は胎児にも影響するのでおすすめできませんが、ウォーキングなら体への負担があまりないので安心です。
ウォーキングは、酸素をいっぱい取り込んで行う有酸素運動なので、血流が促進されてリラックスできます。

マタニティヨガやマタニティスイミング

プレママ同士で集まって行うマタニティヨガやスイミングも、体に負担を与えすぎることなく安心して行える有酸素運動です。
同じ悩みを抱えるプレママ同士でおしゃべりしながら有酸素運動できるのもいいですね。

音楽鑑賞

音楽鑑賞も十分にリラックス効果があります。クラシックやリラックス音楽ばかりにこだわることはありません。
自分の好きな音楽を思う存分聴いて、しっかり気分転換しましょう。

友人とのおしゃべり

会話するのもストレス解消になります。脳もリフレッシュでき、気の合う仲間と話しているだけで幸せホルモンが分泌されるので気分が明るくなりますよ!

一人でいると誰でもクヨクヨしてしまうものです。そんなときは、ママ友や親友と思う存分おしゃべりをして発散しましょう。

仕事をしているプレママが気をつけること

妊娠中も仕事をしている妊婦さんは、職場でもストレスが溜まりますね。

そんなプレママが気をつけたいことは次の2点です。

通勤時間帯を遅らせる

通勤に電車や車を使う妊婦さんが多いと思います。妊娠中は、個人差はありますがつわりが重い人は通勤時間を考えるべきです。

人混みの中にいると妊娠でなくても気分が悪くなることがあります。つわりがあると余計に気分が悪くなりやすいので、通勤時間をずらして人が少ない時間帯を選びましょう。

妊娠中の時差通勤は認められているので、勤務先に遠慮せずに申し出ましょう。

上司や周りにフォローしてもらう

妊娠したらできるだけ早いうちに職場の上司や周りの人にフォローをお願いしておきましょう。

妊娠中なのでいつも通りには行動しづらいことなどを伝えておくと、変にストレスを抱え込まずに仕事ができます。

葉酸が妊娠中のストレスに与える効果(幸せホルモン)

妊活にも役立つ葉酸は、妊娠中のストレスを緩和する効果があります。気分転換などの解消法でストレスの緩和もできますが、葉酸サプリを摂取すると、さらに効果的にストレス対策ができます。

ストレスを緩和させてくれるセロトニンとういう脳内物質は幸せホルモンとも呼ばれています。セロトニンが多く分泌されると、イライラや不安などがなくなり、ストレスを溜めにくくなるのです。

女性ホルモンバランスが悪くなるとセロトニンが減少します。さらに、葉酸はセロトニンの原料なので不足するとストレスが溜まりやすくなるのです。

減ってしまっているセロトニンを増やすには、葉酸を摂取することです。もちろん、セロトニンの材料は葉酸だけではなく、トリプトファンとビタミンB群があります。

葉酸のサプリメントにはマルチビタミンもプラスされていることが多いので、葉酸サプリでストレス緩和もおすすめです。

まとめ

最後に、妊娠中のストレスについてまとめます。ポイントは4つあります。

  • 妊娠中のストレスの原因は、ホルモンや体調の変化、未来やパートナーに対する不安感等である。
  • 妊娠中のストレスは、早産・流産・子供のアレルギー症状につながる可能性がある。
  • 適度な運動や気分転換、仕事中は通勤時間の工夫や周りの人間を頼るなどして、ストレスを溜めないように注意。
  • 葉酸は妊娠中のストレスを緩和する効果がある。

ストレスを感じてしまう原因をよく知った上で、できる対処法から試していきましょう。適度なリフレッシュや葉酸サプリの利用などをし、ストレスとうまく付き合っていけるようにしたいですね。

TOP