葉酸サプリナビ

【妊娠を目指すためには体つくりが重要】そこで葉酸が必要な理由

「妊娠中、どんなことに気を付ければいいんだろう?」
「なるべく妊娠しやすい体にしたい…」

できるだけ妊娠しやすい体をつくって、健康な出産ができる状態を目指したいですよね。

ここでは、妊娠しやすい体つくりの方法や悪影響な食べ物、摂取すべき栄養素についてご紹介していきます。

さまざまな側面から、妊娠しやすい体をつくりましょう

妊娠しやすい体をつくるためには、さまざまな側面から健康管理を行っていくことが必要です。まずはじめに、食生活は妊娠のしやすさに大きな影響を与えます。なぜならば、体は食事を通してつくられるためです。

つまり、健康な体をつくるためには、日々の食生活に大きく注意を払う必要があるということです。またそれが、妊娠を目指す状態であるならば、より高い注意力を持って食生活を見直していくことが必要となってくるでしょう。そうすることで、あなたの体は徐々に妊娠しやすい状態になっていきます。

食生活を見直すうえで、はじめに、三食をしっかりと摂るように心がけましょう。普段乱れがちな食生活だった人は、 三色をしっかり摂るところから食生活を見直していく必要があります。そのうえで、栄養バランスのとれた食事を心がけてください。

特に、脂質や油分の多い食事は控えるようにし、和食中心でヘルシーかつさまざまな栄養素を摂取することのできる食事をとる必要があります。食生活以外にも、体重についてもしっかりと見直しておく必要があります。肥満の状態では、妊娠しやすい体であるとはいえません。

そういった人は、日々の食事をヘルシーにし、体重を徐々に落としていってください。しかし、急激に体重を落とすことは体に大きな負担がかかるため、徐々に体重を落としていくことが求められます。

また、冷え性の改善も妊娠には大切になってきます。特に女性は冷え性な人が多いため、妊娠を望むのであれば、普段から意識して体の冷えを改善していきましょう。体の冷えの改善には食事が大きな役割を果たします。

体を冷やす食べ物をを控え、シチューや煮込みなど体を芯から温めてくれる食べ物をとるようにしましょう。 体の冷えと大きく関係するところでは、体内の筋肉量も大切になってきます。

筋肉が多ければ多いほど体の末端まで血液を送ることができ、その結果、体の冷えを改善することができます。特に女性は、筋肉量が少ない人が多いため、妊娠を目指すのであれば普段から運動することを心がけ、体の中の筋肉を増やしていきましょう。

またそうすることで、体力もつきますし、妊娠にはよい効果が期待できます。

妊娠に悪影響な食べ物について

妊娠を目指すうえで、食生活の大切さは先にも述べたとおりです。今回は、妊娠と食生活の関係の中から、妊娠に悪影響をもたらす食べ物について見ていきたいと思います。妊娠を目指すうえで悪影響な食べ物の代表格としては、脂質や油分の多い食事が挙げられます。

具体的な例を挙げますと、外食、インスタント食品、ファストフード、スナック菓子、生クリームをたくさん使ったスイーツなどは妊娠に悪影響を及ぼすことがあります。しかし、いずれもストレス解消のために、たまに摂る程度であれば問題ありません。

葉酸の必要性

妊娠を目指すのであれば、葉酸を日々の食事の中からしっかりと摂取していく必要があります。厚生労働省によると、妊娠を目指す人の葉酸の1日当たりの必要な摂取量は、480㎍とされています。

これは意識しなければ、なかなか摂ることができない量ではないでしょうか。通常の成人であれば、葉酸の1日当たりの摂取量は240㎍です。(厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)より」)

妊娠を目指す人と通常の成人では、求められる葉酸の量が倍ほども違うのです。葉酸は、サプリから摂取することもできますが、普段口にする食材から摂取することも可能です。ここでは、葉酸が豊富に含まれる食材を挙げたいと思います。

まず、葉酸が豊富に含まれる食材の代表格としては、レタスがあります。また、普段から食べる機会が多い食材としては、納豆もあります。納豆は、1パック当たり約60㎍の葉酸が含まれています。

忙しい朝に納豆を食べる方は多いと思いますので、葉酸を摂取する手段として重宝されるでしょう。また、それら以外にも、枝豆、モロヘイヤ、ほうれん草、ブロッコリー、イチゴ、たたみいわし、レバーペースト、みかん、バナナ、キウイなどに葉酸が豊富に含まれています。

意識してメニューを決めることで、これらの食材を活用し、妊娠を目指す人が1日当たりに必要な葉酸を、普段の食事だけで摂取することも可能です。

葉酸サプリのすすめ

このように、葉酸は妊娠を目指すときにたいへん重要な栄養素であり、日々の食事から摂取することも可能です。

しかし、日々の食事だけで葉酸を摂取しようとすると、献立が非常に限られてきます。食事制限は、大きなストレスを伴うので、食事を制限することでストレスを溜め込んでしまい、それが妊娠から遠ざかることに繋がってしまっては元も子もありません。

そういったときに頼りになるのが、葉酸サプリです。葉酸サプリにはさまざまなものがありますが、自分に合ったものを利用することが大切です。

例えば、葉酸サプリの中には、葉酸以外にもさまざまな栄養素が含まれているものがあります。葉酸だけを摂っても妊娠に適しているとはいえないので、サプリを利用するのであれば、葉酸以外にもさまざまな栄養素を同時に摂ることのできるサプリが望ましいでしょう。

具体的には、以下の葉酸サプリをおすすめいたします。いずれも、妊娠を目指す人が1日に摂取する葉酸の量を摂れるものです。

  • ベルタ葉酸サプリ
  • はぐくみ葉酸
  • オーガニックレーベル葉酸

健康な妊娠を目指すのであれば、第一に体づくりが大切です。体は食事からつくられるものなので、栄養素には特に気をつけましょう。毎日の生活の中で、食事に気をつけ、適度な運動を行い、冷え性などを改善していくことで、きっと妊娠に近づくことができると思います。

妊娠が難しかった人も、前向きに日々の生活を見直して、今一度妊娠を目指してみましょう。くれぐれも、どんなときも自分を責めないでくださいね。健康な体と心が妊娠にはとても大切です。

まとめ

最後に、妊娠しやすい体つくりについてまとめていきます。ポイントは大きく分けて3つあります。

  • 妊娠しやすい体つくりのためには、食生活を以下のポイントを押さえて見直すことが大事。
    ・三食しっかり食べる
    ・和食中心のヘルシーメニューで体重を落とす
    ・冷え性を改善する
    ・脂質や油分の多い食事を控える
  • レタスや納豆などの食材から葉酸を摂り入れることが必要。
  • 葉酸を摂り入れる方法として以下の葉酸サプリがおすすめ。
    ・ベルタ葉酸サプリ
    ・はぐくみ葉酸
    ・オーガニックレーベル葉酸

妊娠しやすい体つくりには、日々の食事が大きく影響します。上記のポイントを踏まえ、毎日の食事の仕方を見直し、サプリメントの利用などを考えてみてはいかがでしょうか。

TOP