葉酸サプリナビ

【妊娠中の不眠のメカニズム】不眠にならないための対処法

「妊娠中、眠りたいのに眠れない…」
「睡眠不足が赤ちゃんに影響しないか心配…」

妊娠中の不眠症状に悩まされる妊婦の方は少なくありません。胎児への影響が気になり、不安でストレスを抱えることがさらに悪化させる原因にもなります。

今回は、妊娠中の不眠の原因やその対処法、胎児への影響について解説していきます。

妊娠初期は不眠になりやすいのです

妊娠初期に不眠に悩まされるのは、妊婦共通の悩みのようです。また、妊娠初期のみならず、妊娠のすべての期間を通して不眠に悩まされる妊婦は少なくありません。

そのため、妊娠中の不眠に対しては、必要以上に思いつめないことが大切になってきます。妊娠中は眠れなくて当たり前なのです。不眠を気にしすぎると、さらに眠りにくくなります。妊娠中は不眠とうまく付き合うことが必要なのです。

不眠になる原因について

妊娠初期はお腹こそまだ目立ちませんが、体の中では今までになかったような大きな変化が起こっています。妊娠後は、女性の体の中で分泌されるホルモンのバランスが変わり、それはつわりを引き起こす原因になるともいわれています。

このように、妊娠による体の変化はさまざまなところに影響を及ぼします。こういった体の変化に対して慣れていないことが妊娠初期の不眠の大きな原因です。体の中で絶えず変化が起こっているような状態ですので、脳も安心して休むことができないのですね。

ただし、妊娠中は眠気を催すホルモンも分泌されます。そのため、眠りたいのに眠れない状態が続くのです。妊娠中の不眠のつらいところは、この眠りたいのに眠れないという部分でしょう。

また、そういったストレスが気分を落ち込ませ、不安にさせます。このまま眠れなかったら赤ちゃんに影響があるのではないか…と考えてしまい、眠ろう眠ろうと強く思うあまり、余計に眠れなくなります。

体がただでさえ不安定な状態で、精神まで不安定になってしまうと不眠のつらさは大変なものになります。妊娠中は、上記のような原因が複合的に絡み合い、不眠になることを知っておきましょう。

不眠のメカニズムを知るだけで、不安感は幾分か解消されると思います。漠然と眠れない状況が続くよりは、自分がなぜ眠れないのかわかったほうがマシです。

不眠による胎児への影響について

このように、妊娠中はよく不眠に悩まされます。不眠の場合、妊婦の体への負担も大きいですが、それ以上に心配なのが胎児への影響ですよね。自分の体がこんなにつらいということは、胎児にも相当な影響が出ているのではないか…とお考えになる気持ちはわかります。

しかし、実のところ、不眠による胎児への直接的な影響はありません。といいますのも、お母さんが眠れていようが、不眠に悩まされていようが、胎児はそれらとは関係なく自由に睡眠をとることができるためです。

また、胎児へ送られる栄養素についても、母体の不眠とは関係なく送られ続けます。このように、不眠により胎児に何かしらの影響が起こることはないのです。そのため、不眠だからと胎児への影響を心配する必要はありません。

しかし、不眠により母体が健康を害してしまうと、間接的に胎児に影響がある場合もあります。それこそ不眠により倒れてしまうような場合は、胎児への危険もあります。

不眠のために、胎児への悪影響を恐れて必要以上に自分を責める必要はありませんが、あまりに不眠が続くような場合は専門医のアドバイスを受けるなどして、対処をしていくべきです。

妊娠中の不眠と睡眠薬

妊娠と関係なく慢性的な不眠に悩まされている人は、継続的に睡眠薬を使用していることがあります。これらの睡眠薬は、妊娠中にも使用することができるのでしょうか。

この点については、まず何よりも先に専門医の診察を受けるようにしてください。どの睡眠薬ならば使うことができて、どの睡眠薬は使ってはいけないということについては、一概に答えがあるわけではありません。

かかりつけの医師がいる場合は、直ちに相談しましょう。一般的には、妊娠初期は胎児の臓器や骨が作られることから、睡眠薬の服用はよくないとされています。妊娠後は、くれぐれも自己判断で睡眠薬を服用せずに、医師と相談したうえで不眠に対処していってください。

妊娠中の不眠を解消するために

このように、妊娠中は満足に睡眠薬を使うこともできません。しかし、妊娠中の不眠は妊婦を悩ませます。このようなとき、不眠を解消するための何かよい方法はないのでしょうか。

睡眠薬に頼ることなく不眠を解消することができたら、母体にとっても、胎児にとってもよいことです。妊娠中の不眠は、妊娠により体の中で変化が起こることにより発生するため、必ずしも妊娠以外のときの慢性的な不眠と解消法は同じではありません。

しかし、妊娠中であっても、精神的な部分が不眠に大きく影響することには違いがありません。精神を落ち着かせるライフスタイルをとることで、妊娠中の不眠を和らげることは可能なのです。

不眠の解消には、寝る前に副交感神経の働きを高めるために、体や脳をリラックスさせた状態にすることが重要です。体や脳が興奮状態にあると、なかなか眠りに入ることができなくなってしまうのです。

妊婦はただでさえ、体の中に大きな変化が起こっており、体や脳は興奮状態にあります。そこで、ライフスタイルを変えることにより、少しでも体や脳をリラックスさせることが不眠解消の秘訣となります。

寝る前に長時間テレビを見たり、スマホを使用したりすると強い光が目から入ってしまい、体や脳はリラックスできません。そのため、不眠に悩まされているときは、寝る前のテレビやスマホを控えるようにしましょう。スローテンポの音楽を聴いたり、本を読んだりすることで体や脳をリラックスさせてあげてください。

また、温かいお風呂にゆっくりと浸かることも不眠解消のために有効です。しかし、寝る直前にお風呂に入るとやはり体や脳が興奮してしまうため、寝る数時間前にゆっくりとお風呂に浸かるようにしてください。

妊娠中の不眠はとてもつらいものですが、ライフスタイルの小さな工夫で少しずつ和らげることは可能です。それでも不眠が解消されない場合は、自己判断で薬を飲まず、専門医の相談を受けてください。

まとめ

最後に、妊娠中の不眠についてまとめます。ポイントは大きく分けて4つあります。

  • 不眠の原因は、妊娠後女性のホルモンのバランスが変わり、眠気を催すホルモンも分泌されることにある。
  • 不眠による胎児への影響はないが、不眠により母体が体調を崩さないように注意が必要。
  • 妊娠中の睡眠薬の服用は、まず医師に相談が必要。
  • 不眠の対処法として、体や脳をリラックスさせるようライフスタイルを変えることが秘訣となる。

不眠の解消のためにはまず、原因を理解することが大切です。そして眠れないことに焦らず、医師に相談したりライフスタイルを見直したりして、対処していくようにしましょう。

TOP