葉酸サプリナビ

赤ちゃんへの影響はある?ない?よくある妊娠初期の腹痛と対処法

妊娠初期に腹痛が起こると、お腹の赤ちゃんに何かあったのではないかと不安に感じる人が多いのではないでしょうか。しかし、妊娠初期には腹痛が起こりがちで、中には心配の要らない症状もあります。妊娠する前に、妊娠初期に多い心配すべき腹痛と心配の要らない腹痛の違いを知って、不安を解消しておきましょう。この記事では、妊娠初期の腹痛が赤ちゃんに悪影響を及ぼすことが心配な女性を対象に、妊娠初期に起きる腹痛の原因や対処法、赤ちゃんへの影響などを解説します。

妊娠初期に起きる腹痛の症状

妊娠初期に起きる腹痛の症状イメージ
妊娠初期の腹痛はどの位置にどのような症状が現れるのでしょうか。差し込むように痛むのか、ギュッと押されるように傷むのかなど、痛みの感じ方や強さなども気になるところです。まずは、妊娠初期に起きる腹痛の症状について解説します。

1.妊娠初期に起こる腹痛の感じ方

妊娠初期の腹痛は、主に子宮が収縮するために起きるものです。着床した胎芽を育むために子宮が収縮を繰り返すため、普段感じることがない違和感に似た痛みが現れます。生理痛によく似た症状ですが、鋭い痛みではなくどちらかというと鈍痛です。下腹部が重いと感じることが多く、ギューッと締め付けられるような痛みだと感じることもあります。片足、もしくは両足の付け根にチクチクとした痛みを感じることもありますが、どちら側の足に痛みが出やすいなどという傾向は特にありません。

チクチクとした痛みは子宮のあたりに出ることもあります。もちろん、痛みが出るのは縮むときだけではありません。子宮が広がるタイミングで痛みが現れると、お腹の皮膚が引っ張られるような痛みや張りを訴えることになります。ほかにも、子宮がムズムズすると感じたり、恥骨の周辺がズキズキ痛むと感じたりと、痛みの出方にバリエーションが多いのも、妊娠初期の腹痛の特徴といってよいでしょう。

2.痛みの感じ方は人それぞれ異なる

妊娠初期の腹痛は、痛みの現れ方も感じ方も人によって異なります。子宮の硬さや広がりやすさに個人差があるうえに、痛みの感受性にも個人差があるためです。同じ症状でさえ、痛いと感じる人とむずがゆいと感じる人がいるくらいです。そのため、妊娠初期の腹痛に関しては、「このような痛みが出た場合はこの症状」と一概にいうことができません。ただし、妊娠初期の腹痛のうち心配の要らないものは、一過性の痛みだという点が共通しています。長時間続くことはなく、ごく短時間で収まることも珍しくありません。子宮の収縮以外の原因で痛みが現れている場合も同様です。妊娠したことによって起こっている腹痛であれば、時間の経過によって収まります。

妊娠初期に腹痛が起こる原因

妊娠初期に腹痛が起こる原因イメージ
妊娠初期に腹痛が起こる原因は1つではありません。子宮の収縮がメインの原因であることは間違いありませんが、それ以外にも原因があります。原因によって対処法も違ってくるので、ここからはどのような原因が考えられるかを見ていきましょう。

1.子宮が大きくなっている

妊娠初期の腹痛の原因の中でももっとも一般的なのが、子宮が大きくなることによって起きる腹痛です。通常時は鶏の卵ほどの大きさしかない子宮が、妊娠2カ月頃には卵の1.5倍の大きさ、3カ月では握りこぶしほどの大きさにまで大きくなります。子宮は筋肉でできており、伸びるのを元に戻そうとする力が働くため、子宮が伸びるごとに痛みを感じやすくなるわけです。妊娠初期は、外側からだと体型の変化を感じにくいのですが、体の内側では胎児の成長とともに子宮がどんどん大きくなっていきます。

胎芽が小さいときは、子宮自体が伸縮するだけなので違和感に近い痛みですが、胎児の成長に合わせて子宮が押し広げられていくと、引っ張られるような痛みに変わっていきます。子宮が広がる仕組みは、小さなゴム風船が大きく膨らんでいく様子をイメージするとわかりやすいかもしれません。風船が小さい時ほど膨らますのに力が必要なのと同様、妊娠初期は固い風船を押し広げるような力が加わり痛みを感じやすいのです。

2.骨盤が広がっている

妊娠初期の腹痛は、子宮ではなく骨盤が広がるときの痛みかもしれません。通常時の子宮は鶏の卵ほどの大きさしかありませんが、胎児の成長に伴ってどんどん大きくなっていくからです。子宮が骨盤を押し広げて痛みが起きることも考えられないことではありません。ただし、3カ月の時点では子宮のサイズは握りこぶし大ですから、その段階で子宮が骨盤を押し広げるほど大きくなっているとは言いかねます。しかし、子宮が大きくなってくると、子宮以外の部分でも出産に向けた準備が始まるので、出産準備として骨盤が広がってくることが痛みにつながっていることは十分にあり得ることです。

骨盤の内側には産道があるのですが、通常のままでは狭すぎて赤ちゃんが通ることができません。骨盤が広がるのは、子宮が大きくなる際に邪魔だからという理由だけでなく、産道を広くして赤ちゃんを産みやすくするためでもあります。なお、骨盤が広がるときには張りを感じることが少なくありません。人によっては腹痛ではなく腰痛を感じるケースもあります。

3.ホルモンバランスが変化している

女性ホルモンには黄体ホルモンのプロゲステロンと卵胞ホルモンのエストロゲンがあります。プロゲステロンは乳腺を発達させたり妊娠を継続させたりする働きのあるホルモンです。一方エストロゲンは、卵胞を発達させ、妊娠しやすい子宮環境を作り出す働きをものです。
通常であれば、この2つのホルモンは月経周期に従って、バランスを取りながら増減を繰り返すのですが、妊娠した途端ホルモンバランスに乱れが生じてしまいます。なぜなら、プロゲステロンは子宮の収縮を抑制して流産や早産を防止する働きをするホルモンだからです。妊娠すると一気にプロゲステロンの分泌量が増え、プロゲステロン優位のホルモンバランスに変化してしまいます。

しかも、ホルモンは単独で作用しているわけではありません。ホルモンと自律神経は互いに協力しながら、体の健康を保っています。プロゲステロンの分泌が増えると胃腸の働きが鈍くなり、腹痛を引き起こしやすくなるのはホルモンバランスの乱れが自律神経の働きにも影響するためです。

妊娠初期に腹痛が起きたときの対処法

妊娠初期に腹痛が起きたときは、病院に行くのが一番!
妊娠初期に腰痛が起きた場合にはどうすればよいのでしょうか。薬を飲んでもよいのか、安静にしていなければいけないのかなど不安な点を解消していきましょう。この段落では、妊娠初期に腹痛が起きたときの対処法を紹介します。

1.病院で薬をもらう

妊娠初期の腹痛は痛みの現れ方が一定でなく、痛みの感じ方も個人差が大きいため、原因の特定が難しいのが問題です。特に、妊娠初期の腹痛は生理痛の症状とよく似ているため、市販の痛み止めを服用してしまう心配があります。つらい便秘や下痢を伴う場合も含め、妊娠初期に自己判断で市販薬を服用すると、妊婦や胎児によくない影響を与える成分が配合されているケースもあり危険です。

とはいえ、つらい症状を早く抑えるためには薬の服用が必要な場合もあります。特に便秘や下痢を伴う激しい腹痛が続く時には、そのまま放置することが流産のリスクを高めてしまうことも考えられるので放置できません。専門の医師の診察を受けて薬を処方してもらうようにしましょう。

2.体を温める

妊娠初期の重苦しい腹痛は、お腹を温めることによって軽減することがあります。ホルモンバランスの乱れが自律神経に影響して、体温調節がうまくいかなくなっている場合などには有効な対処法です。お腹を温めることによって体の冷えが解消すれば、自律神経の乱れが治まり、結果的に不快な症状がなくなることも考えられます。腹痛以外にも、妊娠初期は体の冷えが不快症状の原因になっていることが多いので、日ごろから体を冷やさないように心がけるとよいでしょう。

腹巻きをしたりひざ掛けでお腹を覆ったりする方法が簡単です。お腹だけでなく、足元も温めるようにすると全身が温まりやすくなります。簡単なのは靴下を履くことですが、時間があるときはリラックスを兼ねて足湯をするのも効果的です。

3.安静にする

妊娠初期は、腹痛の有無にかかわらず流産のリスクが高いため、無理は禁物です。ましてや腹痛が起きているときはなおさらです。腹痛が起きている間だけでも安静を心がけましょう。妊娠初期の腹痛は痛みが長く続かないのが普通ですから、動くのは痛みが治まってからでも遅くはありません。何でも今すぐに自分がやらなければと頑張りすぎるのはやめて、妊娠初期の間くらいは周りの人の助けを借りることも必要です。

まずは体を温かくしてから、しばらく横になって痛みのピークが通り過ぎるのを待ちましょう。安静にすることで、感じている腹痛が心配の要らないものなのか、危険を伴う痛みなのかも判断が付きやすくなります。もしもつらい痛みが長く続くようなら、専門医の診察を受けるようにしましょう。

4.リラックスをする

妊娠初期に腹痛を感じると、流産につながるのではないかと不安になるかもしれません。不安は大きなストレスになるので、自律神経にも悪影響が及びがちです。不安を軽減するために心と体をゆっくり休めましょう。
一般的には、好きな音楽を聴いたりアロマテラピーをしたりするとリラックスにつながるといわれています。

赤ちゃんに影響を及ぼす恐れのある妊娠初期の腹痛とは

赤ちゃんに影響を及ぼす恐れのある腹痛もあるので注意!
妊娠初期の腹痛の中には、赤ちゃんに影響を及ぼす恐れがあるものもあります。いざという時のために、心配の要らない腹痛と危険な腹痛の見分け方を覚えましょう。この段落では、赤ちゃんに影響のある妊娠初期の腹痛について解説します。

1.出血が多い

妊娠初期に起きる腹痛の中でも、出血量が多い場合は注意が必要です。妊娠初期の場合、約3割の妊婦が少量の出血を経験します。ですから、たとえ出血があってもトイレットペーパーに血が少し付いたという程度であればそれほど気にしなくても大丈夫です。血が付いたことで強く不安を感じるとかえってよくないので、軽度であれば出血があっても心配ないということは覚えておくとよいでしょう。

問題なのは、腹痛があり、しかも出血量が多いというパターンです。出血量が多いと即流産になるというわけではありませんが、切迫流産の危険性がある状態であることは間違いありません。かかりつけの産婦人科に連絡をして、とりあえず指示を仰ぐことが大事です。いきなり病院に行ってもすぐに対応できない場合があるので、事前に電話をしてから病院へ向かったほうがよいでしょう。切迫流産を起こしかけていればそのまま入院して治療を受けることになりますが、検査の結果、胎芽が発育していることがわかれば、自宅で安静にして様子を見るということもあります。

2.強い下腹部痛がある

妊娠初期の腹痛は原因によって感じる痛みや強さが異なりますが、重苦しさや引っ張られるような感覚を伴うことが多く、それほど激しい痛みではありません。たとえば、下腹部が外に向かって引っ張られるような感覚を伴う時は、子宮が広がるときに起きる腹痛です。ですから、特に心配する必要はないでしょう。しかし、下腹部がギューッと締め付けられるように強く痛む場合は、赤ちゃんに重大な影響を及ぼす腹痛を疑う必要があります。強い下腹部痛は進行流産のサインかもしれません。すぐに病院へ連絡して、一刻も早く診察してもらうようにしましょう。

万が一流産が始まっていても、あきらめて放置してはいけません。流産が進行する過程で大量出血を伴う危険性があるからです。大量出血になると、お腹の赤ちゃんだけでなく母体も危険な状態に陥ります。妊娠初期の激しい下腹部痛を放置するのは危険です。前兆を感じたら、できるだけ早く病院で適切な処置を受けるようにしましょう。

妊娠初期の腹痛で考えられる病気

妊娠初期の腹痛で考えられる病気は何だろう?心配ですね。
心配の要らない腹痛が多い妊娠初期の腹痛ですが、中には心配な病気が潜んでいる場合もあります。早く気付いて治療を行えば、赤ちゃんに悪影響を与えずに済むかもしれません。この段落では、妊娠初期の腹痛で考えられる病気について解説します。

1.食中毒

妊娠中の食事で気を付けなければならないことは、摂取する栄養に関することだけではありません。食中毒を起こさないように注意することも大事です。妊娠中は免疫が下がり抵抗力が弱まる傾向にあるため、通常なら問題なく食べられるものでも食中毒が起きてしまうことがあります。少なくとも、妊娠中は刺身や生ハムなど加熱せずに食べる食材は避けるほうがよいでしょう。

食中毒は下痢を伴うことが多いので、どの食中毒であっても妊婦にとって危険なことは確かですが、その中でも、妊婦が特に注意したいのはリステリア菌です。動物の腸管内や魚介類に多く存在する細菌で、12%濃度の塩水や4度以下の低温でも生きられます。妊婦がリステリア菌に感染すると、胎児にも感染してしまうので注意が必要です。流産や早産のリスクも高まります。ただし、リステリア菌は加熱すると死滅する細菌です。十分に加熱してから食べるようにすることで、食中毒の危険性を回避できます。

2.婦人科系疾患

妊娠初期の腹痛の裏には婦人科系疾患が隠れている場合があります。妊娠の継続が難しくなるケースもあるので、どのような病気が潜んでいることが考えられるか、あらかじめ知っておいたほうがよいでしょう。ここでは、腹痛を伴う婦人科系疾患を紹介します。

子宮内膜症

腹痛を伴う婦人科疾患のうち、若い女性に多いのが子宮内膜症です。子宮内膜症は、子宮内膜や子宮内膜様のものが子宮内腔以外の場所にできてしまう病気で、重症化すると臓器間の癒着を引き起こすこともあります。直接命にかかわる病気ではありませんが、痛みや不快感を伴うので、生理痛がひどいと思っていたら実は子宮内膜症だったというケースも少なくありません。子宮内膜症で子宮内膜ができてしまう場所はさまざまですが、できやすい場所は卵巣や卵管、S状結腸、直腸などです。

通常の子宮内膜は、受精しなかった場合には生理の際に血液と一緒に膣から排出されます。しかし、子宮内膜症の場合は排出する出口がない場所がほとんどです。要らなくなった子宮内膜が臓器内に溜まっていくので、それが痛みや不快感の原因になります。子宮内膜が卵巣にできてしまうと卵子が育たず、卵管にできてしまうと卵子の輸送が障害されるので、不妊の原因の1つと考えられていますが、子宮内膜症でも妊娠するケースは珍しくありません。

子宮筋腫

子宮筋腫は、妊娠初期に見つかりやすい腹痛を伴う婦人科系疾患の1つです。子宮にできるこぶ状の良性腫瘍を子宮筋腫といいます。筋腫のできる位置によって、筋層内筋腫、漿膜下(しょうまくか)筋腫、粘膜下筋腫、頸部筋腫という種類に分けられます。このうち、もっとも多くみられるのが筋層内筋腫です。子宮は平滑筋という筋肉でできているので、平滑筋の筋層内にできるタイプの筋腫を筋層内筋腫といいます。

このタイプの子宮筋腫は、サイズが小さいうちは症状が出ません。しかし、大きくなってくると月経血やおりものの量が増えたり、生理痛がひどくなったりします。

子宮筋腫があっても妊娠することは可能ですが、筋腫は女性ホルモンの影響で大きくなるので注意が必要です。妊娠すると女性ホルモンの分泌が盛んになるため筋腫が大きくなり、流産しやすくなります。

婦人科系のガン

妊娠初期の腹痛の裏にはまれにガンが隠れている場合もあります。腹痛を伴うガンには胃ガンや大腸ガンなどさまざまなものがありますが、そのうち女性特有のものは子宮ガンと卵巣ガンです。ガンはできたばかりの頃は自覚症状がないため、気づかずに過ごしていることが少なくありません。しかし、妊娠すると女性ホルモンの分泌が盛んになり、婦人科系のガンの場合はそれに伴って急速に大きくなり、痛みが出てくることが考えられます。

子宮ガンはできる部位によって子宮頸ガンと子宮体ガンに分けられます。子宮体ガンは子宮内膜から発生することから、子宮内膜ガンとも呼ばれるものです。子宮に悪性腫瘍ができると骨盤付近に痛みを感じます。子宮ガンの場合、出血を伴うことが多いので、腹痛と出血の両方が見られる場合は要注意です。

一方、卵巣ガンの場合はお腹の張りが感じられることがあります。痛みを感じるころにはガンが進行している可能性もあるので、下腹部痛を感じたら早めに病院へ行って検査してもらうようにしましょう。

腹痛と同時に注意したい妊娠初期の症状

腹痛と同時に注意したい妊娠初期の症状もあります。チェックしましょう。
妊娠初期の腹痛と同時に出る症状の中には、注意が必要な症状もあります。どのような症状に注意すればよいかがわかっていれば、万が一のときも慌てずに済むでしょう。この段落では、腹痛と同時に注意したい妊娠初期の症状について解説します。

1.腹痛と一緒に熱が出ている

腹痛と同時に発熱しているときは、ウイルスに感染している可能性があります。ウイルスに感染している場合、安易に熱を下げてしまうと、より活発にウイルスが活動するようになり、症状を悪化させてしまうことがあるので注意が必要です。熱が何度まで出ているかにもよりますが、基本的に発熱があるときには市販の解熱剤や胃腸薬などは飲むことは避け、すぐに病院へ行くようにしましょう。

妊娠初期に高い熱が出ると、羊水の温度も上がってしまうので、胎児の体にも熱が及んで危険な状態になります。高熱が長く続かないようにすることは大事ですが、ウイルスが体内で猛威を振るうことも同じように危険です。先に熱を下げるべきか、ウイルスの活動を弱めるべきか医師でないと判断できません。一刻も早く診察を受けることが重要です。

2.おりものが増えている

妊娠初期は、ホルモンバランスの変化によりはおりものが出やすくなる時期です。量だけでなく状態にも変化が現れることが多いので、注意深く観察するようにしましょう。通常時よりも量が多くなったというだけなら特に問題はありません。白いサラサラしたおりものであれば、あまり心配しなくても大丈夫です。また、茶色いおりものは胎児が成長する際に毛細血管が切れ、その時の出血が酸化したものがおりものに混じっている可能性があります。ですから、茶色いおりものも特に心配は要りません。

しかし、鮮血のような赤いおりものが出た場合は要注意です。子宮内で何か問題が起きている可能性があります。おりものに混じる血液の量によって疑われる病気の種類が変わりますが、妊娠初期の場合は、切迫流産や進行流産のリスクがもっとも高いです。おりものというよりも出血に近い状態であれば、子宮筋腫や子宮体ガンなども疑われます。いずれにしても急を要する状況と考えてよいでしょう。すぐに病院へ行き、治療を受けることが大事です。

3.食欲がなく体重が減った

妊娠初期で、食欲が落ち体重が減っている場合は、つわりが影響していることが考えられます。妊娠初期特有のお腹が張るような痛みとつわりの気持ち悪さが合わさると、十分な食事が摂れず、体重が減ってしまうことが少なくありません。無理に食べても戻してしまうことが多いので、貧血や脱水症状を起こしやすいので注意が必要です。

本来であれば、赤ちゃんを育むために体重が徐々に増えていく時期にもかかわらず、体重が減ってしまうので、胎児に必要な栄養が行き届かず発育に問題が出てくる可能性もあります。必要な栄養が摂れていない場合は、母体の栄養を使って胎児を育てることになってしまうので、赤ちゃんが育つにつれて母体がボロボロになっていくことも心配です。体重が減り始めたら、病院へ行って診てもらうようにしましょう。

4.吐き気が収まらない

妊娠初期で、腹痛と同時に吐き気がある場合は、つわりの影響が考えられます。しかし、吐き気があまりにひどく、いつまでも収まらないときは何か異常が潜んでいる可能性も無視できません。つわりは個人差が大きく、眠気を感じる程度で吐き気はまったく感じないという人がいる一方で、吐き気がひどすぎて水すら飲めないような人もいます。つわりでも常にトイレで吐き続けているケースもあるので、妊娠初期はいくら吐き気が続いていても、つわりだから仕方がないと思ってしまいがちです。

しかし、吐き気が必ずしもつわりによるものとは言い切れません。あまりにも症状がひどく、つわりなのか他の病気なのか判断が付かない場合には、医師に相談してみる必要があります。ひとまず、かかりつけ医に連絡をして指示を仰ぐようにしましょう。

不安なときのためにかかりつけ医を決めておこう

何かあった時のためのかかりつけ医のイメージ
妊娠すると、その瞬間から女性の体の中では目まぐるしい変化が始まります。しかも、妊婦ごとの個人差が大きく、変化の現れ方やスピードが異なるので、インターネットや本などでいくら調べてみても答えが見つからないことが出てきかねません。特に妊娠初期の腹痛では、原因がわからず不安を覚えることもあるはずです。できるだけ早い段階でかかりつけ医を決めておくと、精神的にも少し楽になります。

妊娠中のかかりつけ医は通常時と異なり、産婦人科のかかりつけ医が必要です。一見産婦人科とは無関係に思えることでも、妊娠中の不安については相談すると答えてもらえます。普段から健康保険証や母子手帳を持ち歩いておき、腹痛について不安を感じたときにはすぐに病院へ行けるようにしておきましょう。

妊娠初期の腹痛がひどいときは病院で診てもらおう

妊娠初期はホルモンバランスが大きく変化しているため、さまざまな症状が出やすくなります。妊娠したことによって通常時は経験しないような症状が出ることもあるので、原因がわからないままだと不安を感じやすいといえそうです。妊娠初期の腹痛には問題ない腹痛が多いとはいえ、中には危険な病気が潜んでいる場合もあります。

問題のない腹痛なのか問題のある腹痛なのかの自己判断がつかない場合は、必ず病院で診察してもらいましょう。きちんと初期の段階でかかりつけ医を決めておけば、万が一のときにも安心です。

TOP