葉酸サプリナビ

体重増加に要注意の妊娠中期!意識しておきたい妊婦の過ごし方まとめ

体調が安定してくる妊娠中期に入ると、安心していつも通りの生活に近くなってしまう女性が多くなります。しかし、妊娠中期も完全に気を抜ける時期ではありません。特に、体重が増加しやすい時期となるため、日々の過ごし方には十分注意していく必要があります。そのため、妊娠中期によくある症状や過ごし方のポイントを知って、より安全にお腹の赤ちゃんとの絆を深めていきましょう。

妊娠中期の妊婦と赤ちゃんの状態

妊娠中期の妊婦と赤ちゃんの状態のイメージ画像
妊娠中期は、妊娠5~7カ月目にあたります。少しずつお腹が大きくなり始め、改めて妊娠の喜びを実感する妊婦さんが多いことでしょう。まずは、そんな妊娠中期それぞれの期間における妊婦と赤ちゃんの状態を紹介します。

5カ月目の妊婦と赤ちゃんの状態

妊娠5カ月目になると、大半の妊婦さんのつわりが治まってきます。つらかったつわりが終わることにより、今まで食欲がなくて思うように食事ができなかった妊婦さんも食事を楽しむことができるようになる時期です。これによって、食の楽しみが味わえなかったストレスもかなり軽減されてきます。また、今までほとんど目立つことのなかったお腹が大きくなってくることもこの時期の特徴です。

どんどん妊婦らしい体型になり、今まで着ていた洋服が着られなくなることも多くなります。さらに、乳腺が発達して乳房が大きくなる時期でもあります。これは、体が出産後に母乳を出す準備に入っているからです。こうした体の目に見える変化が増えることで、お腹に新しい命が宿っている確認する時期でもあります。
この時期の赤ちゃんは、全身に産毛が生えてきます。脂肪が増え皮膚が赤くなってくるので、より赤ちゃんらしいかわいらしさが増してくる頃です。さらに、エコーではなかなか確認することができませんが、頭髪が生えてくるのもこの時期となります。

6カ月目の妊婦と赤ちゃんの状態

妊娠6カ月目では、胎動を感じるようになってきます。お腹の中からポコポコと感じる胎動に、命の神秘と感動を味わえるものです。ただし、中にはまだ胎動を感じられない妊婦さんも多くいます。胎動を感じる時期には個人差があるので、6カ月でまだ胎動がないからといって焦る必要はありません。検診で問題がなければ、気長に胎動を感じられる日を待ってみましょう。

また、乳首から分泌物が出ることがある時期でもあります。これは乳腺の発達によるものなので、基本的には問題ありません。ただし、気になるようであれば検診時に医師に相談してみると安心です。また、この時期はホルモンバランスの影響で便秘や痔になりやすくなるので、食事や生活習慣に気をつけてみると効果的です。
赤ちゃんは、聴力が発達してくる段階に入ります。お腹の中にいてもお母さんの声が聞こえるようになるので、たくさん話しかけてあげましょう。また、まぶたが分かれて目が開くようになり、まばたきをすることもあります。手足も伸びてきて、お腹を蹴ることも増えてきます。

7カ月目の妊婦と赤ちゃんの状態

妊娠7カ月目には、お腹がさらに大きくなります。そのため、今まで難なくできていた前かがみの姿勢や仰向けの姿勢がとりにくくなる時期です。靴ひもが結びにくくなるなど、生活に支障が出てくることもあるでしょう。また、仰向けで寝ると苦しくなることもあるため、何かと日常生活では工夫が必要になる時期となります。さらに、どんどん大きくなるお腹には妊娠線が出やすくなります。しかし、大きくなったお腹で妊娠線が出やすい下腹部が見えないため、妊娠線ができていることに気付かない妊婦さんがほとんどです。そのため、あらかじめ妊娠線対策をしっかり行っていくといいでしょう。

赤ちゃんは鼻の穴が開通し、出産後に鼻から呼吸をする準備が進んでいきます。皮膚はさらに赤くなり、シワシワの状態となっています。味覚や嗅覚ができあがるのも、この時期です。そして、しゃっくりをすることも増え、タイミングが合えばエコーでしゃっくりをしている姿を見られることも少なくありません。音や味に反応することもあり、話しかけてあげるとお腹を蹴ってくれることもあります。

妊娠中期の妊婦によくある症状と対策

妊娠中期の妊婦によくある症状と対策のイメージ画像
妊娠中期には、妊娠初期とはまた違った症状が多く出てきます。妊娠中特有の症状も多いため、不安になってしまう妊婦さんも多いものです。そこで、よくある症状を知っておき、正しい対策を講じられるようにしていきましょう。

5カ月目でよくある症状と対策

妊娠5カ月目は安定期と呼ばれ、妊娠による症状はある程度落ち着いている時期です。しかし、黄体ホルモンの分泌が多くなるために、忘れっぽくなったり集中力がなくなったりしやすい時期でもあります。そんな場合には、重要なことをメモに残すようにすると忘れっぽさによるミスを少なくすることができます。例えば、買わなければならないものに気が付いたときなど、ちょっとしたことでもメモを取る習慣をつけておくと安心です。

また、集中しなければならないような作業は短時間に分けると効果的です。集中力を意図的に持続させることは難しいので、作業そのものを細かく分けておきましょう。こうすることで、集中力の低下によるイライラも抑えることが可能です。ホルモンバランスによって防ぎようがないこれらの症状は、上手に工夫して乗り切ることが大切です。
妊娠5カ月目には、お腹が大きくなり血流が増えてきます。これにより妊婦は鉄分が不足しやすくなるので、積極的に食事から鉄分を摂取していきましょう。また、性生活もできる時期となります。清潔を心がけ、体調と相談しながら必ずコンドームを使用して安全に行っていくことが大切となります。

6カ月目でよくある症状と対策

妊娠6カ月に入ると、ホルモンバランスの影響を受け、皮膚が色素沈着を起こしやすくなりシミやそばかすができやすくなります。外出する際は帽子や日焼け止めで十分に紫外線対策をして、色素沈着を防いでいきましょう。また、肌が敏感になりやすくなっているので、今まで使っていたスキンケア商品や日焼け止めなどが肌に合わなくなる可能性もあります。

その場合にはなるべく低刺激のものに替え、肌質に合ったものを使っていくと安心です。肌が刺激に弱くなっている時期なので、いつも以上に入念な保湿ケアをしていくと効果的となります。

また、お腹が大きくなることで足の血管を圧迫しやすい状態となっています。長時間同じ姿勢でいると血栓ができてしまうこともあるため、こまめに体勢を変えるように心がけていきましょう。特に、長時間に及ぶ車や飛行機などでの移動の際には十分注意する必要があります。さらに、むくみが出やすい時期でもあるので、むくみ対策もしっかり行っていくと安心です。座るときには足を上げておくと、むくみが出にくくなって効果的です。むくんでいるときは足が冷えている人も多いため、靴下を履いて足元を温めておくことも有効となります。

7カ月目でよくある症状と対策

お腹がさらに大きくなってくる妊娠7カ月目には、足のむくみが悪化してつりやすくなります。むくみ対策を入念に行い、足がつらないようにできる限り温めていくといいでしょう。入浴時に足をマッサージして、むくみをとっていくことも大切です。

また、大きくなった子宮に圧迫され、胃が押し上げられるようになる時期でもあります。これによって胃もたれを起こしやすくなったり、1回の食事量が大幅に制限されることも出てきます。胃の不快感を伴うこともあり、つらく感じる人が多いものです。そんな場合には、食事を少量ずつ複数回に分けて摂り、胃に刺激となるようなものは避けると安心です。さらに、赤ちゃんに大量の血液を送っているため動悸の症状が現れやすくなります。動悸を感じたら、無理をせずに横になってゆっくり休むように心がけましょう。

この時期は、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群のリスクが高くなります。こうした症状が出てしまうと、中には管理入院が必要なケースも出てきます。出産へ影響が出る場合もあるため、これらはできる限り予防していくことが大切です。塩分や糖分の過剰摂取は避け、できる限り摂取量を減らしていくと安心となります。

妊娠中期に体重が増加しやすい理由と対処法

妊娠中期に体重が増加しやすい理由と対処法のイメージ画像
妊娠中期は、体重が増加しやすいとされる時期です。妊娠中は体重管理も大切なので、体重が増加しやすい理由と対処法をしっかり覚えておきましょう。

体重が増加しやすい理由

妊娠が始まると、胎児の体重や胎盤、そして羊水の重さが加わるので必然的に体重が増加します。さらに、妊娠を継続するために自然と脂肪がつきやすい体質となるので太りやすくなってしまいます。妊娠中期は体調が回復してくることもあり、体重が一気に増えやすい時期です。

妊娠初期のつわりが終わり食欲が回復してくるため、今まで我慢していた食事の楽しみを満喫してしまう人が多くいます。すると、つい食べすぎてしまい体重の増加に直結してしまうのです。また、妊娠中は脂肪がつきやすい体質となっているために、普段通りの食生活をしていても体重が増加してしまうケースも多々あります。そのため、妊娠中は特に体重管理を徹底する必要があるのです。

体重が増加しすぎることによるリスク

妊娠中の体重管理が重要とされる理由には、妊娠高血圧症候群になりやすくなるということが挙げられます。妊娠高血圧症候群になると、高血圧の症状の他にも尿蛋白やむくみなどの症状が出てきます。さらに重症化してしまうと、胎児発達遅延や常位胎盤早期剥離などといった悪影響が出てきてしまうのです。

また、体重の増加によるリスクとしては妊娠糖尿病も挙げられます。妊娠中に血糖値が上がってしまう症状となる妊娠糖尿病では、赤ちゃんが4000gを超えるような巨大児になってしまう可能性が考えられます。すると、お腹への負担が大きくなり腰痛が起こりやすくなるなどの症状も出てくるのです。

さらには、早産になるリスクが上がるうえに難産となる可能性も高くなります。赤ちゃんへも妊婦へも多くのリスクが考えられるからこそ、体重の増加には十分に注意する必要があるのです。

食べ過ぎを防ぐための対処法

妊娠中の体重管理では、食べ過ぎに十分な注意が必要です。特に、食欲が戻ってくる妊娠中期では、食べ過ぎを防ぐための対処法をしっかり行っていくと安心となります。ここでは、そんな食べ過ぎを防ぐための方法を紹介します。

野菜をたくさん食べる

食べ過ぎを防ぐためには、野菜をたくさん食べると効果的です。野菜は栄養満点であるうえに、カロリーが低めな食材がとても多くなっています。そのため、どうしてもお腹が空いてしまい、たくさん食べたいときにも野菜なら安心なのです。ビタミン類やミネラルも豊富に摂取できる野菜ならば、カロリーを抑えながらも妊娠中に必要な栄養もしっかり摂取できます。

特に、ほうれん草やブロッコリー、枝豆などには葉酸が含まれます。妊婦は葉酸を積極的に摂るように推奨されているので、こうした野菜を意識して食事に取り入れていくと安心です。
また、野菜は食事の最初に食べると有効となります。最初に野菜を摂取することで、満腹感が得やすくなり食事そのものの量を減らす効果も期待できるのです。サラダや炒めもの、スープなど、料理のバリエーションを増やして野菜を多く取り入れるように心がけましょう。

水分を多めに摂る

水分補給は健康維持のうえでも重要な要素ですが、食べ過ぎの対策としても有効です。食事の前に水分を多く摂ることで、お腹が満たされやすくなるのです。すると、食事量を抑えることができ食べ過ぎを防ぐことにつながります。水分不足になると、血液がドロドロになり血栓ができやすくなってしまいます。

妊娠中は特に血栓ができやすいので、水分不足には意識的に注意する必要があるのです。
また、水分を多く摂ることでむくみの軽減にも効果的となります。そこで、喉が渇く前にこまめに少しずつ水分補給していく習慣をつけると効果的です。さらに、食事の前に水を飲むことで食べ過ぎの予防にもなることをしっかりと覚えておきましょう。

食前に野菜スープを飲む

食前に水分をしっかり摂ると食べ過ぎを防ぐことに有効ですが、水分だけではつらいという場合には食前に野菜スープを飲むと効果的です。野菜を多く取り入れることも食べ過ぎ防止に有効なため、野菜スープならば満腹感を得つつ水分補給もできるのです。これを、食事中や食後ではなく食前にしっかり飲むことが大切です。食前に飲むことで、食事量を減らすことにつながります。

このとき、葉酸を多く含むほうれん草やブロッコリーを使ったスープならば、栄養面においてもより安心となります。また、妊娠中は鉄分が不足しやすいため、鉄分を多く含む海藻を使ったスープもいいでしょう。カルシウムをしっかり摂れるミルク入りのシチューなども、食べ過ぎの予防策として効果的です。

一度にたくさん食べない

お腹が空いてしまうと、どうしても一度に食べる量が増えてしまうものです。しかし、一度に多くの量を食べてしまうと栄養分やエネルギー、脂肪分などを体が一気に吸収して太りやすくなってしまいます。そこで、1回の食事量を減らして食べる回数を増やしていきましょう。こまめに食べるほうが、食事の量を抑えて大食いを防ぐことが可能です。また、胃の圧迫感が気になる妊娠中期にも効果的な食べ方となります。

このとき、少量の食事をよく噛んで食べるように心がけていきましょう。よく噛むことで満腹中枢が刺激され、少しの量でも満足感を得やすくなります。これによって、胃の不快感を覚えることも空腹を感じることも減らして、快適に食事をすることが可能となります。

食べた食事の記録をつける

食事をしたら、何を食べたのかをこまめに記録することも有効です。毎日、食べたものを日記のように記録することで、客観的に食事内容を把握することができます。すると、脂肪になりやすい食事が多い場合は、食事内容を見直すことも可能です。

特に、体重増加のペースが早い場合には食事の記録をつけていくことにより原因究明もしやすくなります。習慣的に食べるだけでいると、体重増加の本当の原因がわかりにくくなるものです。それを客観的に見て食事の改善を可能にするためにも、食事の記録はとても効果的な方法なのです。

こまめに体重を量る

食べ過ぎているかどうかは、なかなか自分ではわかりにくいものです。そこで、こまめに体重を量ることが大切となります。1日に一度、体重を量る習慣をつけておくと、毎日の体重増加のペースがつかめるようになるのです。何もしなくても体重が増えていく妊娠中は、こうして自分自身で体重増加のペースを把握しておくことが大切です。

出産までの推奨体重増加量は、普通体型の場合で7~12kgとされています。低体重の人の場合は9~12kgとなっているので、この基準を参考にして体重をしっかり管理していきましょう。出産までには、10カ月という長い期間があります。10カ月間を通して体重増加を管理していくためには、こまめに体重を量っていくことがとても大切なポイントなのです。肥満体型の場合には、医師と相談して体重管理を進めていきましょう。

妊娠後期になると食欲が減少する傾向にある

妊娠後期に入ると、妊娠中期とは違い食欲が減少しやすくなります。大きくなった子宮に胃がより圧迫され、食欲がわかなくなってしまうのです。そのため、妊娠中期こそ体重管理がとても大切な時期といえます。妊娠中期にしっかりと体重管理ができれば、妊娠後期には自然と食べる量も減ってくるからです。

そこで、妊娠中期はなんとか食べ過ぎないように食事を工夫していきましょう。ここで頑張ることができれば、また思うように食べられなくなり食べ過ぎのリスクが低くなります。妊娠中期は安定期で好きなように食事をしたい時期ではありますが、安全に出産を迎えるためにも頑張りどころといえるのです。

妊娠中期の過ごし方の注意点

妊娠中期の過ごし方の注意点のイメージ画像
安定期といわれる妊娠中期ですが、妊娠中は何が起こるかわかりません。妊娠中期も絶対に安全という時期ではないため、過ごし方の注意点についても知っておきましょう。

水分補給をこまめにする

水分補給は、こまめに行うことが大切です。食前に飲むことは体重管理のうえで大切ですが、それ以外にも喉が渇く前に水分補給をしていきましょう。喉が渇いているということは、体内がすでに乾燥している状態です。体内が乾燥してしまうと全身の血流が悪くなってしまうので、喉が渇いてからの水分補給では遅いといえるのです。そのため、いつでも水が飲めるような環境を整えて、気がついたらちょくちょく水を飲む習慣をつけておくと安心となります。

このとき、水での水分補給も効果的ですがルイボスティーも妊娠中には有効です。ルイボスティーはノンカフェインなので妊娠中でも安心なうえに、飲みやすいことが特徴となります。さらに、ビタミンやミネラルも豊富なので栄養補給にも効果的なのです。こうした飲み物も取り入れつつ、水分補給をしっかりと行っていきましょう。

下半身を冷やさない

妊娠中期には、下半身を冷やさないこともとても重要なポイントとなります。下半身が冷えてしまうと、足がむくんだり子宮や胎盤の血流が悪くなってしまったりする可能性があります。

これを防ぐためには、足湯や半身浴で下半身をしっかり温めるといいでしょう。夏の室内では、冷房が直接当たる場所を避け、ショールやひざ掛けを下半身にかけておくと安心です。また、室内では靴下を履くなどして下半身の冷えを防ぐと効果的となります。

ストレッチをして腰痛予防に励む

お腹が大きくなる妊娠中期には、腰痛を感じやすくなります。これを軽減するためには、ストレッチが有効です。筋肉がこり固まっていると腰痛が悪化するため、筋肉をほぐすストレッチを取り入れていきましょう。

例えば、四つん這いになり背中を丸めてから背中をそらすといったストレッチが有効です。このとき、お腹を圧迫しないようにすることを心がけることもポイントとなります。体調と相談しながら、無理のない範囲でストレッチをしていきましょう。

塩分糖分の摂りすぎに注意する

妊娠中期は、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群に十分な注意が必要な時期となります。そこで、塩分や糖分の摂りすぎにはしっかりと配慮していきましょう。例えば、減塩タイプの塩を使ったりダシをしっかり取って塩の量を減らしたりする方法が有効となります。

また、甘いものが好きな場合でもスイーツは極力控え、フルーツで代用すると安心です。フルーツならばスイーツよりも糖分摂取が控えられるので、こうした工夫で糖分も抑えていくことが大切です。

歯医者に行く

妊娠中期には、ぜひ歯医者に行っておきましょう。妊娠初期にはつわりがひどく、なかなか歯医者へ出向くことができなかった人が多いものです。

そして、妊娠後期にはお腹がさらに大きくなり、歯医者で長時間同じ姿勢でいることがつらくなってしまいます。妊娠中期が一番活動しやすい時期となるため、歯医者での治療を済ませておくと安心なのです。同様の理由で、美容室で髪の手入れをしておくこともおすすめとなります。

仰向けで寝ないように注意する

お腹が大きくなるにつれて、仰向けで横になることがつらくなってきます。仰向けのまま寝てしまうと息苦しくなってしまうことも少なくないため、なるべく仰向けで寝ないように心がけると安心です。

そこで、抱きまくらを抱いて横向きで寝るなどすると、お腹も楽になり眠りやすくなります。ただし、人によっては横向きで眠ると胎動が響いてしまったり腰痛を感じやすくなったりするケースもあります。そんな場合には、クッションやまくらを上手に活用して、うつ伏せ以外の姿勢を試すと効果的です。自分が一番楽に眠れる姿勢を研究して、なるべく体に負担とならない方法で寝るように心がけていきましょう。

妊娠線のケアを行う

お腹がどんどん大きくなる妊娠中期は、お腹の皮膚が伸びて妊娠線ができ始める時期です。そこで、妊娠線のケアを入念に行っていきましょう。妊娠線は一度できてしまうと完全に治ることが難しいため、この時期からしっかり予防していくことが大切です。

そのためには、ボディオイルやボディクリームをお腹に塗り、しっかりと保湿ケアをしていくと有効となります。妊娠線ケア専用のアイテムを使って、入念な保湿をしていくことが大切です。

妊娠中期に出やすい症状を押さえてしっかりケアを!

妊娠中期は、妊娠初期とはまた違った症状がたくさん出てくる時期です。日常生活で注意したいポイントも少しずつ変わってくるので、あらかじめ出やすい症状を押さえておくと安心となります。

お腹が出てきて妊婦らしい体つきとなり胎動を感じ始める妊娠中期は、お腹の中の赤ちゃんの存在をしっかりと感じ始める頃です。安定期といわれる時期ではありますが、絶対に安全という時期ではありません。油断せずに、しっかりと体をケアしていきましょう。

TOP