葉酸サプリナビ

  • 葉酸が欠乏するとどんな影響がある?欠乏させないオススメの摂取方法

葉酸が欠乏するとどんな影響がある?欠乏させないオススメの摂取方法

「葉酸ってどれくらい必要な栄養素なのかな…。」
「もし葉酸が足りなくなったらどうなるんだろう。」

葉酸が体にどんな影響を与え、どれだけ必要な栄養素なのか、実はよくわからないという方は多いのではないでしょうか。実は、葉酸が人体にもたらす影響は大きく、欠乏させることで生じるリスクもあったのです。

今回は、葉酸の効果や欠乏によるリスク、摂取量の目安やおすすめの摂取方法についてご紹介していきます。

葉酸が人体にもたらす効果とは

葉酸はどちらかというと聞きなれない栄養素ではないでしょうか。例えば、筋肉を作るもととなるたんぱく質は多くの人が意識して摂取しているでしょう。また、肌や粘膜を保護するビタミン類についても、日頃から多くの人が意識して摂取していることと思います。

これらの栄養素と比較すると、葉酸はどこか地味な印象があります。しかし、葉酸はその地味な印象とは裏腹に、人体のさまざまな機能を保護する非常に優れた栄養素なのです。

例えば、葉酸には造血作用があります。適切な量の葉酸を摂取することにより、健康な赤血球が作られ、それは貧血の予防になります。そもそも葉酸が不足すると、通常の貧血よりも重い病気である悪性貧血になる恐れが高まります。

また、葉酸は血液を作るだけでなく、血液の流れをよくする効果もあります。血液の流れがよくなりますと、血液が手足の末端までしっかりと届くようになり、冷え性やコリの改善が期待できます。葉酸と血液は切っても切れない関係にあるのです。

それらに加えて、葉酸は妊娠とも非常に密接な関係を持っています。葉酸は女性の子宮内膜を保護するため、葉酸をしっかりと摂取することで妊娠しやすい体を作ることができます。これは、不妊でお悩みの方には大変に嬉しい効果でしょう。

また、葉酸には受精卵を保護・強化する効果もあります。そして、何よりも、葉酸には胎児の先天的な障害を防ぐ効果まであるのです。葉酸は、妊娠中のみならず、妊活中から非常に大切な栄養素となっています。

葉酸が欠乏することにより起こる状況

このように優れた栄養素である葉酸ですが、普段の食生活で一日に必要な量を摂取することは必ずしも容易ではありません。天然の食材にも葉酸を多く含むものはありますが、天然の葉酸は人体に吸収されにくく、また、調理方法によって消失してしまうこともあるためです。

そして、葉酸が不足すると、さまざまな症状があらわれてきます。例えば、先にも述べたように、葉酸には造血作用があるため、葉酸が不足することにより悪性貧血になる恐れがあります。悪性貧血は、通常の貧血よりも遥かに治りにくいため、葉酸の不足のリスクはとても大きなものといえるでしょう。

また、葉酸が不足することにより、妊娠中であれば胎児の先天的な異常の恐れも高まります。他にも、認知症のリスクの上昇、男性の不妊の恐れなども葉酸の不足により生じるものです。葉酸というそれほど知名度の高くない栄養素ですが、これが不足することにより起こる症状はとても大変なものです。

一日の葉酸摂取量の目安

では、一日にどの程度の葉酸を摂取するとよいのでしょうか?葉酸の不足による症状を知った後では、適切な葉酸の摂取量が大変に気になることでしょう。この点については、人により差異があります。

例えば、成人の男女であれば、一日に必要な葉酸は240μgであるとされています。これが、10歳の子どもの場合は、180μgです。そして、妊活中の女性で440μg、妊娠4カ月以降の妊婦は480μgほどの葉酸が必要となります。

妊活中および妊娠中は、通常時よりも多くの葉酸が必要になるのですね。意識して葉酸を摂取していく場合は、ご自身に必要な葉酸の量をしっかりと把握しておきましょう。

妊活中および妊娠中の葉酸摂取の注意点

妊活中および妊娠中は必要とされる葉酸の量が高くなります。しかし、葉酸には過剰摂取のリスクもあるため、妊活中および妊娠中だからといって、葉酸の摂取量を増やせば増やすほどよいということにはなりません。

妊活中および妊娠中であっても、上記した440μgから480μgの摂取量をあまりに超えて葉酸を摂取することはやめましょう。一般に、葉酸の過剰摂取のリスクが起こる摂取量は、1日当たり1,000μgからとされています。

おすすめの葉酸の摂取方法

普段の食事から一日に必要な量の葉酸を摂取できているのでない限りは、葉酸は葉酸サプリを用いて摂取していくとよいでしょう。葉酸サプリに含まれる葉酸は合成のものであり、体内における利用率が高いところに特徴があります。

そのため、葉酸を効率的に補うには葉酸サプリの利用が便利なのです。しかし、天然の食材から葉酸を摂取することも大切です。葉酸を摂取していく際は、天然のものと合成のものをバランスよく摂りたいものです。

ご自身が普段の食事でどの程度の葉酸を摂取しているかを把握し、そのうえで足りない葉酸を葉酸サプリから摂取していきましょう。そうすることで、一日に必要な量の葉酸をしっかりと摂取することができます。

天然の食材から摂取できる葉酸は、体内利用率の関係でどうしても少なくなりがちです。そういった理由からも、サプリの利用を積極的に行い、必要な量の葉酸を毎日確保するようにしましょう。

誰もが使える葉酸サプリ

万人におすすめできる葉酸サプリとしては、下記の3つを挙げます。これらのサプリは天然成分由来のものであり、大変に体に優しいのが特徴です。また、サプリ1つで、最も葉酸が必要とされる妊娠4カ月以降の妊婦の必要量である480μgに迫る葉酸を摂取することができます。

具体的には、それぞれ1日分の摂取量にベルタ葉酸サプリは400μg、はぐくみ葉酸は500μg、オーガニックレーベル葉酸は400μgの葉酸が含まれています。天然の食材からも葉酸を摂取することを考えると、サプリから摂取する量としては、どれも十分ではないでしょうか。

葉酸サプリを初めて使おうとしている方には、この3つのサプリから1つを選んでみてほしいと思います。そして、それらの使用感を踏まえ、よりご自身に適した葉酸サプリを探していってください。

まとめ

最後に、葉酸が欠乏するリスクや摂取方法についてまとめます。ポイントは大きく分けて3つあります。

  • 葉酸は造血・血流促進や子宮内膜・受精卵の保護等の効果があるため、人体には欠かせない栄養素である。
  • 葉酸が不足することで病気や、妊娠中の胎児の先天的異常等のリスクが生じる。
  • 1日の適切な摂取量・上限があるため、きちんと補える方法として以下の葉酸サプリがおすすめ。
    ・ベルタ葉酸サプリ
    ・はぐくみ葉酸サプリ
    ・オーガニックレーベル葉酸サプリ

葉酸は、人間には欠かせない栄養素であり、妊婦にとっては胎児の健康にもかかわる重要な栄養素であることがわかりました。自分や胎児の健康を考え、必要な栄養素をしっかり摂り入れたい方は、葉酸サプリの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

TOP